平成27年度の研修

<平成27年度>

日程 概要
6月18日(木) 研修会名 特定健診事業評価及び結果を活かす取り組みの研修会
ねらい 既存の特定健診関係事業を見直し、評価の視点と活用するデータについて学ぶとともに、保険者間で先進的な事例の情報を共有することで、PDCAサイクルに沿った効率的・効果的保健事業の推進と医療費の適正化を図る。
対象者 医療保険者等の特定健診・特定保健指導等の担当者
約80人
場所
講師等

日時:平成27年6月18日(木)
13時30分~16時30分

場所:ピュアリティまきび

講演:「既存事業の評価の視点と活用するデータ」
~データヘルス計画を通して考える~

生活習慣病予防研究センター
代表 岡山 明
事例発表
「特定健診受診率向上の取り組みと評価」
~被扶養者の動線を考えた健診会場と保険者間の連携~
発表者
岡山県市町村職員共済組合
課長補佐 清水 源生

事例発表
「成果を出す特定保健指導の取り組みと評価」
~5年間の実績を踏まえて~
発表者
公益財団法人 岡山県健康づくり財団
保健師 加藤 ゆり
助言
生活習慣病予防研究センター
代表 岡山 明
11月19日(木) 研修会名 地域医療計画における地域医療構想に関する研修会
ねらい 平成27年度の保険者協議会の法定化に伴い、「地域のあるべき医療提供体制整備に関与する事」が保険者協議会の役割として期待されており、岡山県の医療提供状況や保険者としての医療データの分析・評価及び活用法について学ぶ事で、岡山県の安定した医療提供や医療費の適正化を図る。
対象者 保険者協議会委員等・県 約40名
場所
講師等

日時:平成27年11月19日(木)
13時30分~16時00分 

場所:岡山県国保会館 4階会議室

講演:「具体的なデータから考える岡山県の地域医療提供体制」
~保険者の立場で見る岡山県の分析データと考え方~

国立がん研究センター がん対策情報センター
がん統計研究部 がん医療費調査室
室 長 石川 ベンジャミン光一

座談会:(参加希望者のみ)

※石川先生を囲んでの質問や相談等
アドバイザー
国立がん研究センター がん対策情報センター
がん統計研究部 がん医療費調査室
室 長 石川 ベンジャミン光一
もどる

岡山県国民健康保険団体連合会

新しいチラシが出来ました。「チラシ・ポスター等」からダウンロードできます。